気になる!赤ちゃんの自転車デビューはいつから(何ヶ月から)?前乗せ自転車はいつまでのれる?

気になる!赤ちゃんの自転車デビューはいつから(何ヶ月から)?前乗せ自転車はいつまでのれる?

赤ちゃんとのお出かけに自転車が便利!いつから使用できる?

赤ちゃんとの生活で今までベビーカーや抱っこひもを使用して外出していたママ達も

子どもの成長につれ移動が大変になってきますよね

特に夏場なんて抱っこひもだったら重いし暑いしの苦行すぎて外出が億劫になってしまいがちですよね(´・ω・`)

そんなときに自転車さえあれば少し遠くの公園やショッピング施設なんかにスイ~っと行けちゃうので便利です!

なので、ちょうど私も自転車が欲しかったので子乗せ自転車について調べてみました!(*^^*)

赤ちゃんの自転車デビュー!生後何か月から自転車にのせられる?

実は生後何か月から自転車に乗せられるという法律はないのです!!

しかし、前のせや後ろのせ、抱っこひもを使用してなどの自転車にお子さんをのせる場合には安全の為に

それぞれルールがあります

それは法律ではないのですが地域の条例や自転車を販売しているメーカーなどの安全基準によって定められています

それでは前のせ自転車がいつからいつまで乗せられるのかご紹介していきます

前のせ自転車はいつから乗せられる?

こういった前かご部分がすでにチャイルドシートが設置されているものと

自転車に後付して前に乗せるタイプとありますがどちらも赤ちゃんが座った状態で自転車に乗ることになります

なのでしっかりと首が座っていて、腰もしっかりしていてお座りが出来るようになってからが良いでしょう

メーカー推奨しているのは早くて生後10か月~1歳ごろから可能となっているところが多いようです

 

なので周りのママ友たちを見ていると1歳くらいで乗せているママやパパが多いのかな?

という印象です

しかし、推奨月齢に満たさないで腰座りや首が座っているからといって早々に長時間自転車に乗せるのはやめましょう自転車の振動や長時間座っている姿勢が赤ちゃんに負担をかけます

前のせ自転車はいつまで?

前のせ自転車の場合は

年齢は4歳未満、身長100cm未満、体重15kg未満

と決まっています

これだけ大きくなってしまうとどうしても視界が遮られてしまい運転に支障が出てきてしまいます

また、自転車屋さんから教えて頂いたのですが、15㎏以上の子をのせると自転車とチャイルドシートが重さに耐えられず破損してしまうらしいのです

もし運転中に急にチャイルドシートが外れたら…と思うとゾッとしますよね(´・ω・`)

まぁ、乗せ降ろしが大変なことからも大体3歳前後には後ろ乗せに変更されている方がほとんどらしいですよ!(15㎏あって前乗せは乗せるだけでも大変らしいです)

前のせ自転車には2種類ある!メリットデメリット

前乗せ自転車には元から設置してあってかごの部分がチャイルドシートになっているものと

普通の自転車に後付けで前乗せタイプのチャイルドシートをくっつけるタイプと2種類あります

元から設置してあるタイプは赤ちゃんが座りやすいように少し斜めになっていて、座る部分のクッションも厚めになっています

また、漕ぐときにも足はチャイルドシートに当たりずらく比較的漕ぎやすいと思います

しかし、自転車のタイプによっては前輪が小さくなっていて後ろ乗せにした時に不恰好になったり、かごが後ろにあるので知らないうちに盗まれたりなどの注意が必要です

後付けの前乗せタイプは持ち合わせの自転車につけられるかもしれないという事と(ハンドルやものによってはつけられないので注意が必要です)前にかごがあるので荷物を入れられます

しかし、漕ぐときに足があたったりヘルメットをつけると視界が悪くなることもあるので注意が必要です

感想・まとめ

いかがでしたでしょうか?

前のせ自転車を購入するときにぜひ参考にしてみてください(^^♪

 

ち な み に

購入以外にもレンタルという手もあります!

後ろ乗せなら手持ちの自転車でいけるけど、後ろに乗せるにはまだ早い・・・と思われている方は
レンタルでしばらくの間はやり過ごすというのも手かと思います!
ぜひすてきな子乗せ自転車ライフを!!
子供乗せ自転車は買うより借りる
MBR-Mom’s Bike Rental-で快適ママチャリライフを!




便利グッズ・アイテムカテゴリの最新記事