1歳4か月だとどのくらい言葉が話せる?言葉の早い遅いの違いは?

1歳4か月だとどのくらい言葉が話せる?言葉の早い遅いの違いは?

1歳を過ぎてくると言葉がどんどん増えてくる!

1歳を過ぎるあたりから「ママ」や「まんま」「わんわん」など意味のある言葉を徐々に話せるようになってきます

少しずつ言える単語も増えてくるので、2歳頃には

「パパ、いた!」「ママ、バイバイ」などの単語二つをくっつける2語文も話せるようになります

しかし、言葉の発達には個人差があり2歳になる前からおしゃべりな子もいれば

2歳を過ぎても単語をポツポツとしか話さなかったのに大きくなるにつれ一気に言葉が増える子もいます

ハイハイや歩いたりする体の成長にも個人差があるように、言葉にも個人差があることは忘れないで下さい(*^^*)

1歳~2歳までのこども言語発達の目安

あくまでも目安です!!個人差があります!

0歳代

動きや顔の表情・喃語(クーイング)で自分の気持ちを伝えます

泣くことや笑うことでしか感情を伝えることしかできなかったのに

おもちゃやママに手を伸ばして自分の気持ちを伝えたり

「あー」「だぁー」など不思議な音の喃語を出す事も(^^♪

1歳0か月~1歳3か月

意味のある言葉が話せるようになります

「ママ」「パパ」をはじめとする「ワンワン」や「まんま」など意味のある言葉を話しはじめる時期です

話せる単語は5~7語程です

周りにいる人達が話している姿を見たり聞いたりするので意味のある言葉をどんどん覚え、増えていきます

1歳4か月~1歳6か月

体の部位や普段口にしているパンやお茶など身近なモノを中心に言葉がどんどん増えていきます

「車を見つけた」も「車にのる」というのも「ブーブー」といったりして

1つの単語を色んな意味で使うように!(意味を探して納得させるのが大変(;^ω^)

1歳7か月~1歳11か月

問い掛けに言葉で答えられるようになります

ここまで来ると意思の疎通が徐々に出来るようになってきました

また、自分の気持ちや要求を言葉を使って伝えられるようになります

言葉を早く覚えるためのコツ

話せるかどうかではなく、言葉を覚え、理解してもらえれば

話していることが伝わるので育児も楽しくなってきますよね(同時にイヤイヤ期が訪れてしまうのですが…)

その為にも「言葉のシャワーをたくさん浴びさせましょう

ママの独り言だって有効的です!

たくさんはなしかけてあげましょう

言葉が少ないからって落ち込まないで

言葉が話せないことが大きな問題ではなく、

言葉をどれだけ理解してくれているかが大事なのです

つまりは物と言葉が繋がって理解してくれることなんです

やはり、どうしても個人差があるので人より遅い・・・や

人より早い・・・など様々あるとは思います

でもそんなに悩まなくても大丈夫ですよ!

先ほどもお話しましたが、体の発達にも個人差があるように人それぞれなのです!!!

しかし前述したとおり言葉の理解を進めるためにできることはあります

これから紹介していきます

言葉は教えるものではない!

言葉は教えて覚えられるものではありません

言葉は場面や状況に合わせて伝るとうまく伝わるようになります!

・こどもの伝えたいことや気持ちを言葉にしてあげる

おむつがもう濡れて気持ち悪いときに「おしり濡れて気持ち悪かったね~」や

お菓子やご飯を食べている時に「おいしいだね~」なんて気持ちをママが言葉にしてあげましょう

・こどもの話してくれた内容をママの言葉で膨らませる

「ママ」と話したら「ママでーす!元気してマース!」とハイテンション気味にいってみたり(元気アピール)

お外をお散歩していて犬がいたのでこどもが「ワンワン」と言ったら

「本当だワンワンいたね!かわいい犬だね!小さくてふわふわしているね」なんて単語から見える情報で内容を膨らませていきましょう

 

 

まとめ・感想

娘も1歳4か月になりますが言葉が徐々に増えてきたり、できることが増えてきてちょっとした驚きが多いです

我が家では「アブラハムの歌」?あっているかな?笑

あの「アブラハムにーは7人の子!」って歌です笑

その歌で体の部位が分かるようになって、それこそ言えはしませんが「頭どこ~」ときくときちんと頭を触ります

その他にも童謡などの手遊び歌で結んで開いてーなども出来るようになりました!

娘は音楽が好きなのでできたのかもしれませんが、ぜひご自宅でやってみてください

我が家ではおうたえほんをつかっています

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

日常カテゴリの最新記事