赤ちゃんの熱中症は危険!子育て中のママが暑さ対策に使えるグッズをご紹介!

赤ちゃんの熱中症は危険!子育て中のママが暑さ対策に使えるグッズをご紹介!

春や夏は日差しが強く熱中症や日射病の恐れがあり

日中のお出かけがなんとなく億劫になって

部屋の中に引きこもりたいのですが

もちろんそうはいかない…(-_-;)

そこで熱中症や日射病を予防する為、そして夏の暑さを軽減するには便利アイテムを使用しましょう!!

快適で安全な日中のお出かけをしましょう!!(^^♪

そこでいくつか実際に使用して便利だったアイテムをご紹介します

 

また、熱中症についての記事もあります

赤ちゃんの顔や体が熱い!それって熱中症初期症状かも!対策と対処法について

赤ちゃん(乳幼児)向け熱中症対策におすすめな便利グッズ5選

夏の暑い時期は直射日光を避けた方がいいのですが

娘が0歳だった頃の夏はベビーカーではなく抱っこひもを使用していました

抱っこひも+日傘

日傘といってもUVカット効果だけではなくて遮光・遮熱が暑さを軽減するのに大事なポイントになります

絶対チェックしてください!( `ー´)ノ

日中の移動はこのスタイルでしたがやはり抱っこひもでくっついている部分が

まぁ暑い( ゚Д゚)

抱っこひもを外すと私も娘もお腹周りが汗で蒸れかえっていました…

そこでベビーカーを使用し始めたのですが、抱っこひもでくっついていない分

少しは暑さが軽減できました・・・が!

今度は娘の足に直射日光があたる!!!

 

そこで

サマーブランケット

を使用しました

 

接触冷感といって触れると何となくひんやりしています

直射日光よりもサマーブランケットをかけた方が肌にも優しいと思うのでおススメです

しかもUVカット効果ありなので、肌が弱くて日焼け止めが付けられない赤ちゃんには嬉しいです( *´艸`)

 

また、長時間外出することがある場合や気温によって

ベビーカー用の保冷シートがおススメです!

ベビーカーに使用するので入れる保冷剤は冷やしても固まらないようなジェルタイプの方が

寄りかかる時に違和感ないですよ

また、30度以上の気温だと保冷ジェルの効力が2~3時間程となってしまうことがあるので

野外で特に暑い日などは保冷バッグなどに予備の保冷剤を入れておくと便利です

 

また、こういったものもあって抱っこひもにもベビーカーにも使える保冷シート

抱っこひももよく使うお家におすすめですが、抱っこひものポケットなどにも保冷剤が入れられるので私はそういったのを利用する派ですかね~(*^^*)

また、こまめに水分をとることも大事です

普通のストローボトルではぬるくなったりしてしまうのでステンレスタイプのストローボトルを使用するのもアリかと思います

小さい子には冷たいものはちょっと…と思われるかもしれませんが

別にキンキンに冷えたものをあげる必要はないのですが冷たい方がお茶んでも飲みが良いという声もあります

 

既存のプラ製のストローボトルを使用する際は保冷バッグに入れて持ち歩くのもいいのではないでしょうか?

保冷バッグの中に一緒に冷やしたおしぼりなんかもいれておくと

暑い日にはは気持ちよく使用できます(^^♪

まとめ・感想

熱中症にはこまめな水分と暑さの軽減が大事です

ママやパパも暑くて大変かと思いますが、赤ちゃんが熱中症になると

大人よりも早くに重症化してしまうので予防が大事になってきます

便利なグッズも使用して熱中症にならないようにして下さい(*^^*)

 

あわせてお読みください

赤ちゃんの顔や体が熱い!それって熱中症初期症状かも!対策と対処法について

1歳児の日焼け止めはいつから塗る?春でも日焼けする!?気になる日焼け情報

 

 

病気・ケガカテゴリの最新記事