夜泣きを防ぐ?!すんなり寝かしつけて夜泣き対策!大事なのは習慣だった?

夜泣きを防ぐ?!すんなり寝かしつけて夜泣き対策!大事なのは習慣だった?

子どもが朝までぐっすりなんて都市伝説かと思っています

でも意外と周りのママ友ちゃんたちの子どもはぐっすりなんですよね!

なんでだろー?(´-ω-`)

・・・と思いいろいろと調べてみました!

夜泣き対策には普段からの生活習慣がカギだった?

日中の運動量を増やす

もしかすると日中の運動が足らずに体力があり余ってしまい

なかなか深い睡眠には至っていないのではないせしょうか?

浅い睡眠になると成長ホルモンが十分に出ないので成長が著しい赤ちゃんや子どもにはぜひとも

深い睡眠をとってもらいたいですよね

その為にも日中は外に出て思いっきり体を動かしましょう!

体力をガンガン削って夜にがっつり寝てもらっちゃいましょう(^^♪

昼寝時間は長くとり過ぎない

もちろん短くても脳内処理が追いつかないので良くないのですが

2歳児だと13時や14時ごろから15時ごろまでの1時間~2時間程度とるのが良いそうですが

娘にはそんなに遅い時間に昼寝に時間を使うと夜眠らなくなるので

午前中の10時ごろから12時ごろまでがお昼寝時間にしています

また、それ以降になるのであれば最大で30分程度の昼寝にして夜早く寝かせます

体や脳に良いかは分かりませんが

少なくともこの方法であれば夜泣きもせずに朝方までぐっすり寝てくれることが多いです

なので個々によって体力が違うのでママやパパ自身が把握して昼寝時間を調整するといいですね

また、昼寝なしという方もいるかもしれないのですが

昼寝をしないと夜に興奮して眠れなくなることもあるらしいので気をつけてください

生活リズムを整える

朝起きるのは6時半

昼寝は12時

夜寝るのは20時

こうして生活リズムをつくることによって今から自分ねるんだ!と子どもに理解してもらえます

我が家もそうなのですが、生活リズムが乱れると興奮してかなかなか寝付いてくれないですし

長く寝てくれなくなります

上記のような理想的な生活リズムができればよいのでしょうが

それもなかなか難しいと思います

なので寝るための入眠儀式だけでもルーティンワークにしてみるのも手だと思います

これやっときゃすぐ寝る!というやつです!

因みに我が家は娘が眠たくなるの待ちなので夜寝るのが遅いです。。。涙(昨日なんかも23時に寝ました(;_:))

 

感想・まとめ

生活習慣を見直す。。。というのはなかなか難しいですよね(-_-;)

自分一人ではなかなか改善できないことですし

パートナーとの協力必須なわけですから・・・

それでも毎晩苦しめられる夜泣きの為にここは一つ頑張ってみるのも大事ですよね(´・ω・`)

早く夜起きずにまとまって寝たいわ・・・・涙(;_:)

 

育児悩みカテゴリの最新記事